「未分類」カテゴリーアーカイブ

店舗Tシャツの役割

Pocket

注文昨今は、ひと昔前のように、店舗、ショップがオープン時の販促物として、オリジナルTシャツやグッズ等を制作することも少なくなっています。しかし、まったく需要がないわけではありません。実は今、オリジナルTシャツの市場は伸びております。伸びた理由は、オーダーグッズに関する展示会にあります。この展示会で注目を浴びたのが、ウエアプリントの技術になります。

従来のシルクスクリーン印刷による、Tシャツへのプリントの場合は、予算や経費等のこともあり、100枚以下の小ロットの注文は受けにくく、安い価格での受注はできませんでした。その状況を打破したのが、ウエアプリント技術になります。この技術の普及によって、オリジナルTシャツの需要が伸びているわけです。その理由は、二つあります。1つは、1枚からの注文が受注できること。二つ目に、版代が要らないので安価な価格で制作できることになります。

少ない枚数での受注を克服したオリジナルTシャツ業界の売り上げは、今、オリジナルTシャツを注文するお客さまだけでなく、店舗Tシャツを検討する顧客からの受注をも、年々伸びてきています。予算が少ない場合は、ウエアプリントを行っているショップを選び、注文してみてはいかがでしょうか。


関連記事

依頼方法について

Pocket

50枚以上のオリジナルTシャツの制作を依頼する場合についてですが、大まかな予算が決まったら、次は、業者を選びましょう。お気に入りの業者がない場合は、まず、もっとも安い価格で制作できる業者を選びます。続いて、検索上位にくる業者、最後に、お住まいのエリアにある業者、もしくは、そう遠くない業者から数社を選び出しましょう。

見積りお気に入りの業者があれば、迷うことはありませんが、無い場合は複数の業者を選び、すべてに見積もりを依頼することをおすすめします。見積もりはほとんどの業者が無料で受けており、対応が早い業者であれば、注文後1時間以内、遅くても翌日にはメール等で届きます。その中から、予算、対応を確認し、好みに合う業者を選び、注文しましょう。

続いて、1枚から3枚と少ない数のオリジナルTシャツを注文する場合についてですが、オリジナルTシャツの制作は、注文枚数が少ないほど単価が高くなることがありますので、こちらの場合も、まずは見積もりを依頼することから始めましょう。ちなみに、オリジナルTシャツのデザインは、学校やイベントで使用する場合は安価な価格で制作できる転写プリントを、個人で楽しみたい場合は、作家によるデザインを施したオリジナルTシャツがおすすめです。


関連記事

オリジナルTシャツの制作

Pocket

オリジナルTシャツ中学や高校のクラブ活動、文化祭、体育祭ほか、各種イベントの販促ツールとしても活用するオリジナルTシャツは、インターネットを利用すれば、簡単に制作することができます。Tシャツの種類は豊富で、もっとも一般的な半袖をはじめ、長袖もあります。Tシャツの他にもポロシャツやトレーナーなどのアイテムがある場合もあります。

オリジナルTシャツを制作する際には、素材はもちろん、Tシャツのカラー、プリントするメッセージ、デザイン等を細かく決め、予算に合うものを選ぶ必要があります。まずデザインですが、デザイン制作ソフトがなくてイメージが膨らまないような人達もいると思います。そうした場合、オリジナルTシャツ制作業者の「チットプラス」などの一部の業者では簡単にデザインが作成できるシステムを無料で提供してくれています。作成したデザインをプリントアウトもできて、仲間同士で見せ合うことも可能です。

デザイン作成ソフトが無い方でも、サイト上でかんたんに製作イメージを作成できる「かんたんデザインシステム」を無料でご使用できます。オリジナルTシャツのイメージを形にしてみたり、配色等のラフデザインの作成等にご活用して下さい。作成したデザインをプリントアウトもできるので、作成したデザインをみんなに見せる事もできます。

個人で注文する場合には、自分自身の好みをふんだんに取り入れたものを制作できますが、大人数で揃えるためのオリジナルTシャツを制作する際には、予算に合ったものを選ばなければなりません。

その予算の決め方についてですが、まずはオリジナルTシャツを制作する目的が何なのかを決めましょう。例えば、学校の文化祭においてクラス全員で着用するためのTシャツ、もしくは商店街の皆と季節のイベントに配る販促物として、また仲間だけで揃えるTシャツなど、さまざまなシーンがあります。目的が決まれば、予算は、自ずと計算できるのではないでしょうか。続いて、カラーになります。チームカラーがある場合は、そのカラーを用いることができますが、決まってない場合はそのカラーを決めることから始めなければなりません。最後は、素材、デザインになります。学校で使用するものを制作する場合は、洗濯に強い素材のものがおすすめですが、販促物として使用する場合は、予算内に合う素材を選ぶ必要があります。


関連記事